Month: 5月 2015

『世界標準の英語』がグルーバル化への第一歩

2015年5月25日付けの日経新聞に公立中学・高校の英語教員の外部英語試験の取得状況についての記事がありました。
「教員英検準1級、高いハードル」というタイトルです。

文部科学省の2014年度英語教育調査において、全国の公立中学・高校の英語教員のうち、英検準1級以上かそれに相当する資格を取得しているのは中学で28.8%、高校で55.4%に留まっているとのことです。
政府の教育振興基本計画は2017年度までに中学で50%、高校で75%との目標を掲げていますが、現状は相当に下回っていますね。
そして、千葉県内の英語教員の取得率は公立中学校が29・6%で全国13位でしたが、公立高校は34・8%で46位、要するに最下位から2番目でした。

採用している基準は2014年12月時点で英検準1級以上、TOEFLiBT80点以上、TOEIC730点以上などを取得している教員の数を調べたとのことです。

都道府県別でみると、中学では福井49.4%、富山48.0%、東京42.6%などが高かった一方で、20%未満が6県(青森、岩手、宮城、福島、山梨、高知)もあります。

高校は福井86.3%、香川82.4%、富山79.9%の順に高かったものの、40%未満が4県(福島、千葉、奈良、和歌山)もあり、中高ともに自治体間に大きな差があります。

教育振興基本計画は生徒の英語力について、高校卒業段階で英検準2級程度以上、中学卒業段階で英検3級程度以上の割合を各50%とすることを目標としている。

「教育振興基本計画」は、教育基本法(2006年法律第120号)に示された理念の実現と、我が国の教育振興に関する施策の総合的・計画的な推進を図るため、同法第17条第1項に基づき政府として策定する計画です。
2013年6月14日付けで、第2期の教育振興基本計画を閣議決定しています。
対象期間は、2013年度~2017年度の5年間で、特に世界トップレベルの学力水準への向上、英語教育の強化、2020年を目処に日本から海外への留学生を倍増させる目標を掲げています。

ECCジュニア五香東口教室便り6月号

 ご父兄の皆様 生徒の皆様

はじめまして 『ECCジュニア五香東口教室』専任講師の鈴木真希です。

本年6月よりECCベストワン五香駅前教室内に開講することになりました。

現在無料体験レッスンを受付中です。

児童向け英語・英会話にご関心のあるご父兄をご紹介頂けると幸いです。

どうぞ よろしく お願いいたします。

 
ジュニア英会話No.1 選ばれる理由

ECCジュニアは、50年以上の実績を誇るECC外語学院を母体に、全国の子どもたちに「より通いやすい環境で」「本格的な英語教室」の提供を目指して1980年に全国展開をはじめました。

現在、ECCジュニアは全国に11,118教室、教室で学ぶ生徒は308,303名にものぼっています。おかげさまでその数全国No.1。全国の保護者の皆さまに絶大な支持をいただいております。

 
その1 愛情いっぱいのバイリンガル講師

ECCジュニアの先生は、英語力はもちろん愛情を持って指導できる人物かどうかも重視して選ばれています。英語はコミュニケーションの道具。

Face-to-faceで心をこめて子どもたちに語りかけ、気持ちを理解してくれる先生の存在が、「話したい!」「伝えたい!」という意欲を育みます。

 

その2 いっぱい話せるECCメソッド

ECCジュニアのレッスンは、生徒が主役の体験型。英語は機械的な練習だけでなく、本物のコミュニケーション体験を通してこそ使えるようになります。

レッスンでは、生徒の年齢に応じたさまざまな活動を通して、先生や友だちの英語を聞いて分かる体験、自分の気持ちを伝える体験を積み重ねていきます。

 

その3 オリジナル教材で「聞く・話す・読む・書く」

ECCジュニアの教材は、「聞く・話す・読む・書く」4つの力をバランスよく習得できるよう開発されています。好奇心を最大限に引き出す多彩なラインアップに、感情移入できるかわいいキャラクターたち。生きた英語が身につく工夫いっぱいの自信作です。

 

【小学1・2・3年生】英語・英会話 コース

例えば、小学1・2・3年生の英語・英会話コースでは、英語との接触量を増やし、 自発的に発話ができることを目指しています。

小学校低学年のお子さんたちは、幼児のように聞いたものをそのまま模倣することが上手で、アクティビティも大好きです。また、幼児に比べると着席しておこなう作業にも慣れています。

一方、機械的な練習はまだ困難な場合があります。

そのような特性を踏まえ、1学期のレッスンでは楽しいアクティビティを通して文型を導入し、2・3学期には、テキストを使って理解・定着させていきます。

1年の中で学習スタイルを変化させ、効果的に英語力の基礎を身につけます。

さらに、「話す」活動をくり返し行い、自発的に発話ができることを目指します。